2018年5月24日木曜日

【涼温な家】5月の夏日 エアコンを使わないとどうなるか。

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
涼温な家にも夏が来た!

東京都内の温度は25度を超える日が
多くなってきました。


日差しもきつく、私も完全に日焼けΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

梅雨が来るとは分かっていても
もうすでに夏が来てる感じですね。

さて、そんな時の涼温な家は
どのような感じなのでしょうか。

エアコン全開にはまだ早い5月!

涼温な家は、機械換気。
外気をフィルターに通し
温度や湿度をできるだけ
ロスしないよう調節しながら
換気をしています。

暑い日は、この空気の流れに
エアコンの冷えた空気を送り
全館空調になっています。

ただ、まだ5月。
暑いとはいっても、朝や夕方はひんやりする日もあり
まだエアコン全開という時期ではありません。

では、夏日となった涼温な家、
機械換気だけで対応すると
どのような感じなのでしょうか。


夏日の5月 涼温換気の室内環境は?!

日差しの強い日。
外気温はぐんぐんと上がります。

それにつられてわずかながら
室内温度も上昇していきます。

涼温な家は外断熱、高気密住宅です。
外の環境に大きく作用されることが
ない造りになっています。
しかし、断熱材の厚さは50mm。
これで充分なのかという議論は
いろいろなところでされています。

結局、住人の感想としては
東京では充分かなと思います。
壁からの熱量は感じず、
ある程度の保温効果は実感できるからです。

ただし、そうは言っても太陽にさらされる家。
室温は確実に上がっていきます。
特に影響が出るのは、
家の上部。2階、小屋裏です。
1階は涼しいかなと思うときでも
2階や小屋裏は1~2℃ほど室温が高くなります。

これは、いくら涼温な家で機械換気をしていても、
それ以上の熱量が
家の中に入ってくるので致し方ないと思われます。


エアコンを使わず乗り切る方法は!

では、このような涼温な家で
なるべくエアコンを使わず過ごすにはどうしたらよいか。

単純に窓の対策です。
家にいて、室温を左右するのは窓が8割!
なので

窓のシャッターを下ろす。


カーテンを閉める。


これだけで、大きく温度上昇が抑えられます。

特に子どもたちが学校に行っている子ども部屋や
寝るとき以外使わない寝室は完全シャットアウト。

そうすると、何となくジメジメしそうですが、
そこが涼温な家の良いところ。
室内環境、特に湿度は
小屋裏から床下まで同じ、
常に換気をされている状態なので、
心配はいりません。

というよりも、原則窓は開けないので、
換気の面でリスクとなることはないのです。

そして、子ども部屋や寝室の温度上昇を防ぐと
上昇していない室内の空気を排出するとき、
暖かい外気と温度の交換ができるのです。

室内温度上昇を防げるというわけではありません。
しかし、暑い外気を室内に入れるときに
少しでも温度を押さえて給気し
室温上昇を遅らせる効果があります。 

本日の午前8時【小屋裏】
本日の午後2時【小屋裏】

 本日午前8時【2階】
 
 本日午後2時【2階】


悩ましいのは・・・

悩ましいのは、昼間暑くても
夕方涼しいという今の時期。

普通のお宅なら換気をして、
室温を下げるでしょう。

涼温な家でそれをしてしまうと
涼温な家の根本を揺るがしてしまいます。
つまり、汚い外気を直接家の中に入れるということです。

そこで、機械換気を強めにし、
フィルター越しに外気を取り込むわけですが、
窓をパッと開けて空気の入れ替えをするのと
正直スピード感が違います。

実感できるまでに遅いということ。
ここが涼温な家のデメリットかなと思います。
そんな時は、エアコンを短時間入れ、
室内温度を下げてからエアコンを止め、
その温度を保温しながら、夜は快適に過ごすような形が
今の私たちの生活でベストかなと思っています。

2018年5月15日火曜日

【涼温な家】涼温換気の消耗品とランニングコスト【sa-sheの家】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
涼温な家の換気システムに取り付けるフィルターは3つ

涼温な家の換気システムについては
度々記事にしてきました。

その中で、住人が直接触れ、
管理をするフィルターは全部で3種類。

涼温な家のフィルター交換(月1)は簡単なのか?!詳細写真で検証!!

上の記事を見れば、詳しく書かれていますが 、
簡単に言うと

①ゴミや誤って侵入してきた虫などを取り除くフィルター
 (月に1度の交換)
②細かなホコリや花粉、PM2.5、ウイルスというような
 微細な異物を取り除くフィルター
 (月に1度の交換) 
③アレルゲンや粉じんをとらえる中性能フィルター
 (2年に1度の交換)

があります。

どのフィルターも
使用後は廃棄となるため
基本的には消耗品です。

消耗品ということは費用がかかります。
いわゆるランニングコストです。



①ゴミや誤って侵入してきた虫などを取り除くフィルター

これは、本来はフィルターとして
販売していないものを使用します。

それは、これ。 ヘアキャップ。



これを月に一度交換をします。

そして我が家で購入しているのは


カワモトさんのソフトキャップ 100枚入り!


5月15日現在 2,550円なので

1枚25.5円 12ヶ月使うとすると306円

このフィルターは1年で306円かかることになります。


②細かなホコリや花粉、PM2.5、ウイルスというような 微細な異物を取り除くフィルター

こちらは、シート状のフィルターです。
毎回、必要な大きさに切り取り
貼り付けて使用します。


フィルタレットという商品を使用しています。
グレードがいくつかありますが、
中間の【ハイグレード】を使用しています。

もっとグレードが高く、
たばこの煙までシャットダウンするような
目の細かなフィルターもあるのですが、
当然目詰まりが起こりやすく、
機械に負担をかけるため、
こちらの商品を勧められています。







5月15日現在 2,580円
7回分程度の長さなので、
1ヶ月のランニングコストは、約370円
1年間で4,440円ということになります。


③アレルゲンや粉じんをとらえる中性能フィルター

こちらは、パナソニックの機械換気システムが
公式にフィルターとしているものです。


2年に1度の交換でよいとのことです・・・が、
見た目が凄く汚れるので、
私は耐え切れず、1年で交換しています。



パナソニック
品番:FY-FDC2519A
品名:給気清浄フィルターユニット
   中性能フィルター





気になるお値段は、
5月15日現在2,535円
こちらは2年使用として
1年間のランニングコストは1,268円です。


涼温な家の涼温換気のランニングコスト

ということで、ランニングコストを調べてみたのですが、

①ゴミや誤って侵入してきた虫などを取り除くフィルター
②細かなホコリや花粉、PM2.5、ウイルスというような
 微細な異物を取り除くフィルター
③アレルゲンや粉じんをとらえる中性能フィルター

①306円+②4,440円+③1,268円=6,014円

涼温な家の涼温換気に対するランニングコストは

6,014円でした。 

もちろん、ショップによって値段は常に変動するため、
これ以上はかからないということではありません。

ただ、現在のショップを調べてみると
だいたいこのような値段で
フィルターの消耗品を揃えることができます。

知らないと不安になることってありますよね。

これで、また一つ涼温な家について
理解をすることができました。
わが家の理解は住み心地の改善にもつながると思います。

これからも、マイペースに調べていきたいと思います。 

※5月17日追記
Twitterより、涼温換気の機械には熱交換素子があるよと教えていただきました。
まだ、自分の知識では追い付いていないのですが、15000円くらいで売られているものらしいです。
ただ、取り付けが素人では難しそう。手間賃がかかるかも。
10年もてば年間1,500円ほどのランニングコストを追加することになります。
その前に10年元気に動いてくれればというところですが…

2018年5月14日月曜日

オシャレな間接照明って必要ですか?【照明プランのポイント】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
リビングに憧れの間接照明をつける♪

日も長くなり、
密集地帯に建てた我が家にも
光の差し込む時間が長くなりました。

普通に設計したのでは
明るいお家を建てるのは難しかったので、
ほんの少しだけ吹き抜けを作り、
1階への灯り取りとしました。


その時に照明計画で提案されたのが、
吹き抜けを利用した間接照明。


ちょうど吹き抜けの真下が
テレビのあるリビング空間。
普段は子どもたちがバタバタしていますが
子どもたちが眠ったら
間接照明に照らされたリビングで
夫さんと仲良くテレビでも・・・。

なんて憧れを持ち、設置することにしました。


実際の生活でムーディーな時間は・・・ない。

間接照明はパナソニック製のスポットライト

LGB84466 を使用。

 
 
2本のスポットライトが
吹き抜けの白い壁をムーディーに照らしてくれます。
 
しかし、設置から丸2年が過ぎましたが、
一度もこのライトに触れることはなく、
このライトを点灯させようと
思った場面も訪れませんでした。
 
唯一あるのは、リビングの電気をつけようと思って
スイッチを押し間違えてしまったときくらい。
 
物はいいです。
作ってくれる雰囲気もいいです。
でも・・・
残念なことに、今、私たち家族に
そのようなムーディーな空間を必要とする瞬間がない。
 
夜、子どもたちが習い事を終え、
食事をし、宿題をやり、ケンカをし、
泣いて笑って、バタバタしながら寝付くまで
怒涛のような時間です。
 
夫さんが帰ってくるのは午後9時から10時。
でも、夫さんが寝るのは午後11時。
朝早いのでねww
 
ということで、この照明の良さが
理解不能のまま過ごしています。

だけど、改めて今回記事にして

今回、改めてこの照明を記事にして
じっと眺めました。


とっても、落ち着くんです。
直接、自分に向いているのではなく、
壁に向けられ、反射した照明の光を
ゆっくりと眺めると。

「明るい」「暗い」とは違う
「光」そのものをなぜか間接照明だと
強く感じます。

オシャレな照明が「いる」か「いらないか」は
しっかりと家を建てた後の生活の様子を
想像することが大切です。
現に我が家には今のところ必要ありません。

ただ、家にあると、
それを活用することができます。
必要ないものを、必要あるものに変える
選択肢も増えるわけです。

当初は、間接照明は子育て世代にいらない
という記事を書くつもりでしたが、
あったらあったで面白いので、
その後のライフプランをしっかり想像しながら、
楽しんで照明を設置してみてください。

2018年5月11日金曜日

【涼温な家】住み心地の理想と現実【5月】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
爽やかな5月( ̄▽ ̄)

5月を迎えました。
東京ではGWはほぼお天気よく、
ここ数日は冷たい雨に見舞われました。

そして、本日は朝からのピッカン晴れ☀
気持ちの良い朝を迎えています♪

こんな日は窓を開け放ち、
空気の入れ替えを・・・

しないのが、涼温な家(笑)

どんなときも、どんなときも、
原則は機械換気による、
フィルターを通した空気を室内に引き込み
換気をしています。

外気温の寒暖差に戸惑う涼温な家 Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

今朝の気温は10℃程度。
寝起きの体には、ひゅっと引き締まる良い気温。

でも、ずーっといたら震えちゃう。

実は家の中もなんです。

この時期、わが家ではほとんどエアコンを使用しません。
その為、電気代も下がるのですが、

こういう朝と昼の気温差の激しい日には、
涼温な家のマスター(主人)として、
手腕が問われることになります。

というのも、換気をする際には
機械によって室内の暖かいエネルギーを
外に逃がさないようにしているのですが、
それでも、永遠に暖かいわけではないんです。

昨日の夜、わが家の室温は22℃。
そこから、8時間程度かけて、
19℃まで下がりました。

外気が10℃ですから、
外と中を比べると十分に暖かいのですが、
床下は室温よりもう少し下がっている感じで
寝起きには肌寒く感じます。

こういう時、
いわゆる室温はそこそこなんだけど、
体感が寒いなと思うときにはどうするか、
意外と悩むことの多いのが涼温な家。
 

マスターの腕の見せどころ…ボタンを押すだけだけど

そこで、マスターとして決断をするのです。

ポチッ!!

エアコンですw

結局それかいと思われるでしょうが、
これが、一番ストレスなく解決されます。

しかも、エアコンと言っても
涼温な家の一番の強みは全館空調。
しかも、家の小屋裏から冷たい床下まで
きちんと空気が回ること。

そこに、エアコンの暖かい空気を乗せることで、
皆さんが思っている以上にあっという間に
足元の不快や肌寒さが取り除かれます。

逆に、
「エアコンの暖かさをポカポカと感じる」
レベルになるには、時間がかかります。

家全体を温めるので、すごく時間がかかるのです。

でも、この5月の迷うような肌寒さ程度の時は、
ストレスがないくらいの自然の室温に

すぐに戻してくれるのが、

この涼温な家の強みと言えます。

5月の暑い日にも同じことが言える

5月には今日のように肌寒い日もあれば
夏のように暑い日もあります。

まだ、湿度が高くなく日陰はさほどの暑さでなくても
日差しがきついので、
室内もやや暑く感じる日が出てきます。

そういう日も、エアコンを迷わず
「ポチッ」

短時間、冷房を使うだけで室温が下がり
後は涼温換気と断熱性能で長い事
快適な室温を維持できます。


5月の涼温な家の住み心地は

基本的に快適です。

ただ、外も快適なので、
涼温な家の良さを感じにくい時期かもしれません。

そして、せっかく外が気持ち良いのだからと、
外気を直接取り込もうとすれば、
せっかく汚れた外気をフィルターに通し、
綺麗な室内の空気を維持しているのに
自ら汚すことにつながります。

涼温な家で快適に暮らすには
ほんの少し、

自分で家をコントロールすること

が必要となってきます。


寒い、暑いのコントロールは
エアコンの使用を素早く判断することで
家全体を快適な空間にすることができます。

そんな感じで、
5月はストレスなく過ごしていこうと思いますww

2018年5月10日木曜日

涼温な家の電気代 やっぱりね♪【2018年1~4月】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
涼温な家でもっとも気になるのは電気代ですよね。

涼温な家を検討されているご家庭で
必ず話題に上がるのは電気代。
わが家でも幾度となく不安な会話がされてきました。

「一台のエアコンたって、
 その一台の電気代が高いんじゃないの」
「夏はまだしも冬は寒くて、設定温度上げて・・・
 ランニングコストが半端じゃなさそうだよね。」
とかね。

この点は、実際に住み始めて
住み心地と電気代をどのようにとらえるか
感覚によって、それから今の経済状況によって
だいぶ違うのであまり触れません。

今回は単純に、1月から4月まで
涼温な家のエアコンを含めた
すべての電気使用量がどの程度だったのか公表します。


わが家の家電状況♪

たぶんこの記事で、
ご自分のお家と比較されると思いますので
わが家の家電状況をお伝えします。

◆涼温な家のエアコン 1台
◆換気システム 1台
◆洗濯機
◆冷蔵庫
◆食洗器
◆テレビ
◆電動シャッター 4台
◆ノートPC 2台
◆電子レンジ

まあ、小型家電を挙げればきりがないですが、
基本普通の家です。
冷蔵庫と洗濯機なんて8年使ってますしw

なので、電気代の変動は
ほとんどエアコンと考えてもらってよいと思います。

涼温な家の1月から4月までの電力消費量の推移

ということで、早速ですが
1月から4月までの電力消費量の推移を
わが家の太陽光パネルのモニターから確認します。
こんな感じになりました。
項目に発電・消費・売電・買電とありますが、
今回注目していただくのは、消費の青の欄です。

こちらがわが家全体の電気消費量です。

<注目点>1月が消費量が多く、4月が少ない!

これは、明らかにエアコンの使用量を反映しています。
涼温な家はエアコン一台で家中を温めるため
寒い日が続くとどうしてもエアコンに頼ります。

すると電気消費はポーンと跳ね上がります。
一方、4月になると過ごしやすい日が増え、
家の温度や湿度はもう一つの特徴である
「熱交換換気」機械で行う換気で温度や湿度を調節します。
するとこの熱交換換気の電気消費量はわずかのため
このような月ごとの電力消費に差が生まれるのです。

昨年1年間のエアコンの電力消費量は?

気になる方もおられると思うので
写真にて載せておきます。

エアコンの年間消費電力は2989kWhでした。
 
予定では、今月が一番エアコンを使わない月。

になるはずなのですが・・・
東京は暑かったり、寒かったり
何となくやな感じ。

涼温な家はこういう気候に弱いようです。
この辺りは次回にでも記事にします。 

★涼温な家の電気代が気になる方はこちらもどうぞ★

【全館空調】涼温な家の電気代~太陽光発電って儲かるの?~

2018年3月26日月曜日

「涼温な家」の定期点検(2年目) ~大工さんが来て、電気工事をする~

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
わが家「涼温な家」は2歳を迎えました♪

2月28日でわが家の引き渡しから
丸2年を迎えました♪

まだまだ、新しい感じの残るわが家。

この前は幼稚園のお友達7人とそのママが集合し
合計17人で過ごしましたが、
あんまり窮屈に感じず、
涼温な家の最大の持ち味である
気持ちの良い空気感も維持できて、
とっても楽しい時間を過ごすことができました。

良ーく見ると、
子どもたちの暴挙により、
壁紙や畳に傷はありますがww

まぁ、しょうがない( ̄ー ̄)

このお家とまだまだお付き合いしていきます。

4回目の定期点検♪

2年を迎えるにあたり、
建設会社さんによる定期点検が行われました。

これで、引渡しから4回目の定期点検になります。
1回目が3か月点検。
2回目が6か月点検。
3回目が1年点検。
以降、1年経つごとに点検です。

ということで、今回が4回目。

点検項目は、面倒なのでこちらで↓


ちなみに、長期優良住宅では、
点検が義務付けられています。
もし、点検を面倒がっていると、

こちらで記事にもしていますが↓

【涼温な家】平成29年 住宅ローン減税 結果報告【還付金の使い道】



思わぬ罰則を食らってしまうこともあるのでご注意を。


点検は建ててくれた方が行ってくれると安心。

わが家は、地元の建設会社さんで建てました。
リーダーになってくれたのは、
私たちと年のあまり変わらない、
若い大工さんです。

その風貌だけ見ると一瞬頼りなく見えますが、
建てるときから、今まで、不満は何もありません。

いや、アクシデントはいろいろとありましたし、
イラっとすることもありましたがww

でも、結局は人柄と迅速さが
すべてを解決してくれました。

今回、定期点検をしてくれたのは、
そんなリーダーさん。
彼は、すごく柔和で子どもたちも大好きです。
そして丁寧に私たちの話を聞いてくれます。

さらに、分からないことは適当に答えず、
必ず調べ、すぐに返答を電話などでしてくれます。
これは社会人のイロハですが、
なかなかできない方もいます。

そしてこれができるのは、
この建設会社が社員大工として
大工さんを大切に育てているからです。

多くの大工さんは、
建設会社から依頼をされ、
建築作業を行います。
1棟の自分の担当が終われば
別のお仕事に向かいます。

なので、その家やお客さんに
あまり深い想いを抱かない方も多いです。

しかし、わが家を建ててくれた大工さんは、
一棟が建つ最後まで責任をもってお客に対応します。
さらに、今回のように、何年たっても定期点検をし、
修繕に訪れることもあります。

つまり、その時限りのお仕事でなく、
リフォームまで含めた長期の責任ある
お客とのやり取りをすることになります。

このことが、写真大工さんには責任ややりがいを持たせ、
お客さんは安心感を持つことができるのだと思います。

大工さんが点検でコンセントの陥没まで直してくれる。

今回の点検では、単なる点検だけでなく、
コンセントの陥没も直してもらいました。


たぶん、配線を外したりしなければ
普通の方でもできる仕事ですが、
少し複雑になると「電気工事士」という
資格が必要になります。

わが家の担当の大工さんは、
その資格の勉強をし、取得していました。

いわゆる大工が大工だけの仕事ではなく、
他の資格も取って、できる仕事を増やす
努力をされています。
「多能工」と呼ぶそうです。

点検の時にちょっとしたことを頼みたい、
そんな時には今来ている人がやってくれたら、
どれだけ頼みやすいかw

人見知りな私にとっては神様です。

社員大工とはいえ、
会社を変わることはあるかもしれません。

ただ、今、素直に感じることは
家を建ててくれた人が
その後の家をアフターケアしてくれる安心感、
これは大手にはない、
地元の建設会社のとっても大きなメリット
だと思います。

2018年3月3日土曜日

【設計】玄関を広く感じさせる方法【注文住宅】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
玄関に広さは望めない_| ̄|○

わが家は都内にあります。
とはいっても、超高級住宅地とかではないのですが、
それでも余裕をもって設計できるほどの土地は
残念ながら持ち合わせていません。

そんな中、家の優先順位をつけていくと
どうしても低くなるのが、

『玄関!』



とはいっても、今までに記事にしてきたように
やりたいことはやってきたつもりです。

★【LIXIL 玄関ドア】価格!引き戸 タッチキーのメリット・デメリット!赤裸々に 【エルムーブ】

★【注文住宅】やっちゃった!玄関施工の失敗例 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン【建てる前に読んでほしい!】

★【涼温な家にぴったり】わが家の玄関収納&下駄箱 web公開中♪【内覧会】

★【注文住宅】ここまで計算しといた玄関サイズ♪【設計】

★【色選択の失敗か】玄関タイル スタイルプラス デザレートの使用感【INAX】

それでも、広さだけはどうしようもなかった。

ならば

にやり( ̄▽ ̄)

誤魔化しちゃえ♪

ってなことで、とった作戦が・・・

玄関タイルを外と内で統一して解放感を♪

玄関のタイルを一緒にすること。
一緒にするのは、建物の外のアプローチの一部と
玄関のタイルを統一しました。



こうすることで、
扉を開けたときに一面の続きになり、
一つの空間が完成します。

わが家の玄関は引き戸で一瞬ですが、
その先に続く廊下も一本につながっているので
奥行きも感じられると思います。

今回使ったのは
INAXの『スタイルプラス デザレート』
という玄関タイル。

同じシリーズのほぼ同じ形状ですが
きちんと内床用と外床用に分かれております。


外床用は凹凸が大きく滑り止めの役割が大きいです。
一方内床用は、凹凸が少なく掃除がしやすい利点があります。

建材の色や種類を選ぶときには
様々なことを考えますが、
実際に使用しているわけではないので、
本当に狙い通りに行くのか不安になります。

そのような方に、
このブログの一部で参考にしていただけたらと思います。