2017年12月10日日曜日

【検証】涼温な家の室内は本当にきれいな空気なのか【機械換気】【注文住宅】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
家に入ってくる空気がきれいなら、家の空気は綺麗なはず

以前、

【全館空調】1年8か月経ったダクト内の汚れを調べてみたら・・・【涼温な家の要】


の記事で、家の中に入ってくる空気や通り道であるダクトは
綺麗なのかを実証実験?!wしてみました。

フィルターのお陰で、室内に入ってくる空気に
汚れなどは見つからず、一安心しました。


安心したら、そのまま安心できないのが私の性格…。
次に確認したくなったのは、
家の中の空気。

入ってきた空気は綺麗なんだから
汚れてないよね・・・

と思いつつ、やっぱり疑っちゃう。

ということで、


記事にするために、数か所、掃除を放置!!

1ヶ月ほど、拭き掃除をしない箇所を作りました。

そこにどの程度のほこりがたまるのか、
確認をしてみようと思いました。

あっ、もちろん、
掃除がさぼりたいから、放置してるんじゃないですよ!

しっかり、そこには理由があって
やん♪(/.\*)(*/.ヽ)やん♪

これ以上は突っ込まれそうなので、
先へ進みますw


掃除を放置した結果がこれ!!

ガーン!( ̄□ ̄;)!!ゴーン!(; ̄□ ̄;)!!ギーン!(; ̄□ ̄;)!

2017年12月7日木曜日

Bloggerで複数のブログを運営した場合、アドセンスはどうなるの?!

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンスの謎!

アドセンスについて、分からなかったことがあります。

それは、
「Bloggerで複数のブログを運営した場合、
アドセンスはどのサイトでも有効なのか」
ということです。

当然ながら、検索をかけ必死に確認をしますが、
核心に迫るサイトはありませんでした。

http://1.bp.blogspot.com/-M5vPjy-7hxM/VMIvF5C8jhI/AAAAAAAAq3o/8RZL9KLSFrA/s800/money_megakuramu_woman.png
現在ではBloggerで2つのブログを運営している私が、
明確な答えを残しておきたいと思います。

 
Bloggerブログは、複数のブログで収益が得られる!

①アドセンスのアカウントは複数持つことができない!
②アドセンスのアカウントにはホスト型アカウントと非ホスト型アカウントがある。
③非ホスト型アカウントは一度取得すると、他のブログなどへ広告を表示できるようになる。
④ホスト型アカウントは、他のサイトに広告を表示させるには、毎回審査が必要である。

このようなことが、調べた結果わかりました。

んで、本題です。

質問:
1つ目のBloggerブログの審査が通り収益を上げている人が
2つ目のBloggerブログを開設したら、広告は表示できるの?!収益は上げられるの??


2017年12月5日火曜日

アドセンス 審査から初入金までの記録!

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
100記事達成♪

気づいたら、102記事目でしたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

本当なら100記事目にきちんと報告すればいいもののw
無頓着な私は、他のブロガーさんの
〇〇PV達成!の記事を読んで

「あれ?!私何記事目だっけ?!」
と意識して気付く始末。

まぁ、そんな感じで進めているブログだからこそ
100記事達成できたかもしれませんね。

ブログ開始が2017年7月10日!
そこから、149日目での100記事達成♪

なかなかのハイペースでした。

絵本の読み聞かせブログと並行運営のため
疲れちゃいそうなときもありますが、

訪問してくださる皆様のおかげで
継続することができました。
本当にありがとうございました。

これからも、稚拙な文章で読みにくいかもしれませんが、
精いっぱい役に立つことをお知らせしていこうともいますので、
どうかよろしくお願いいたします。

アドセンスの記録を残しておこう!

さて、さて、そんなお祝い記事なので、
本日はアフェリエイト「アドセンス」について
記事にしておこうと思います。

http://2.bp.blogspot.com/-xyUcjya7HR8/U82zM5Ox0xI/AAAAAAAAjMk/wsjK8A3sV0g/s800/family_syunyu.png

もともと記録には残しておこうと思っていたので
良い機会かと思います。
 
なぜ、記事にしておきたいかというと、
申請したはいいけど、
なかなか辛抱がいるので。。。

私は申請してから、
あまりに空白の時間が多くて
記事を書くことも不安になるほど
待ちの時間が苦痛でした。

でも今は、こうしてお付き合いできていること、
初入金をしていただいたことを考えると
申請して本当によかったなと思います。

これから申請する人、
申請中の人は、
正直長い期間かかるかもしれませんが
私の記事を少し読んでもらい、
この具ぐらい期間がかかるんだな
まだ待っても大丈夫だと
不安を解消できるように
記事に残しておきます。

動機は単純(*´▽`*)お金がモチベになるかなってw

さて、私のアドセンス申請動機は
ブログを始めるにあたって、
ほんの少しでもお小遣いになったら
継続のモチベーションが高まるかなと思って
少し勉強をして始めました。

みなさんもご存知の通り
「アドセンス」はグーグルさんのアフェリエイト。

有名すぎて、検索すれば山ほど情報が出てきます。
なので、今回は、アドセンスがどうこうは
他のサイトに任せて、

本ブログの審査から初入金までの経過を
単純に時系列で記録します。

もし、気になることやご相談がありましたら
遠慮なくcontactしてくださいね♪


アドセンス申請から初入金まで4か月と11日!

本ブログは「Blogger」です。

2017年12月3日日曜日

【注文住宅の失敗】住んで分かった使いやすいコートかけ【玄関】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
迷えるコートたちの居場所!

寒暖差が日に日に激しくなり、
確実に真冬へと近づいているのを実感します。

そうなると、かさばるのがコート類。
出かける時間や場所によって、
厚いもの、ニット類、ウインドブレーカーなど
使い分けないとなりません。

そして、そのコート類の置き場にも頭を悩ませます。

そこで我が家では、
住宅設計の段階から
玄関をあがってすぐのところに
コートかけと収納を設置しました。

玄関上がってすぐ右手がコートかけ

この位置にコートかけがあると、
家族分のコートを玄関先に変えられるだけでなく、
来客時のコートを預かる場所にもなります。

やっぱり、この場所にあると便利だなあと実感します。

住んでみて分かった使いにくさ

ただ、我が家で生活をしていると
コートかけ・・・
失敗したなーと思うことがあります。


それが、これです。


縦にスライドするコートかけ。


非常にスマートで、一瞬見栄えは良さそうに思います。


でも実際は・・・


この時期、いろいろな種類の
ジャンバーやらコートやらをかけると
パンパン。 パン子ちゃんです o(T△T=T△T)o


しかも、重なると奥のものが取り出しにくい。

毎回、手探り状態になっちゃいます。

さらに両サイドに隙間があるため、
非常にもったいない。


設計時からの不安が的中!不安は徹底して解消すべし!

実は、元々、設計の段階から数少ない不安要素の一つでした。


ただ、設計士さんいわく
奥行きが40cm程度では
コートをかけるのに十分とは言えない。


はみ出すと、見栄えも使い勝手も悪いとのこと。

確かに、想定してみるとこんな感じ。


うーん、微妙。


使い勝手や収納量を考えると
はみ出す分があったとしても
通れないわけではないので
こちらのがいいかなと思ったりしています。

できれば、こういう検討を
設計の段階でできればよかったなーと思います。

幸い、コートかけは板にねじ止めされてるだけなので
建設会社さんに相談して
板に横のコートかけを
付け替えてもらおうかなと思います。

住んでみると分かること、
意外と多いんですよね。

少しずつ皆さんと共有しながら、
これからもブログを進めてまいります。

2017年12月1日金曜日

【注文住宅】クローゼットの罠。収納空間の繊細さを痛感!【要注意】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
大きなクローゼットは使いやすい!

わが家の寝室には、
大きめのクローゼットがあります。


元々は、ウォークインクローゼットにしようと
考えていたクローゼットですが、

熟考に熟考を重ねて、
この形となりました。

その様子は次の記事をぜひご覧ください!!

ウォークインクローゼットはたぶん良くない!寝室収納 写真公開中!!



さてさて、そんなわが家のクローゼット。
使い方としては、
上段に棚、真ん中にポールを設置し、洋服をかけ
下段にプラスチックの収納ボックスを並べ
その他さまざまな物を収納しています。

本当に使える奥行きは何センチ?!

ちなみに設計図面はこんな感じ。


幅は約3m60cm
奥行き70cm。

そこで
「よしよし(*´∀`*)奥行き70cmだから
収納ボックスは奥行き70cmのを探して来ればいいか」
と考えたのですが、

夫さんに、ちょんちょん!
設計図の寸法は柱の中心から計算しているよ。
と冷静に指摘を受け、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

じゃー、どーすりゃいいの?!
と聞くと、アナログチックに測ればいいジャンだって。

なんか冷たくないですか、その言い方ヽ(`Д´)ノプンプン

まぁ、でも正論なので計測します。

おー、やっぱり測るとすっきりするね。
奥行き67cmだから


65cmのチェストを買ってくればベストじゃん!!

ということで、ぴったしのサイズを
ホームセンターでゲット!!


さっそく設置。
いい感じ♪

物をどんどん詰め込んで、
洋服もしっかり整理して
よし、完了♪

折り戸のマジック・・・って、気づかない私って。

さて、扉を閉め・・・
ん?
(´・ω`・)エッ?
ちょっと待って、なんか変。

んーーーーーと、

ウォークインクローゼットはたぶん良くない!寝室収納 写真公開中!!

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォークインクローゼットは収納力が高いのか?!


我が家では設計当初、
ウォークインクローゼットが寝室にありました。


それは、「夢プラン」で収納スペースを大きくしてほしいという私たちの希望を実現するために設計されました。


寝室奥行き3m60cm、横4m50cmの約10畳のスペースです。ここに収納をどう設置するか悩みます。

ウォークインクローゼットの良い点物の出し入れが周りから見えず、また大きな空間を生かし、立体的に収納できることです。

言ってることは分かるし、あれば何となくおしゃれな感じがするけど

しかし・・・

機能的じゃないなって思います。

2017年11月29日水曜日

【ゼロエネ・オール電化】知らないともったいない火災保険特約【涼温な家も】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
オール電化じゃないけど、意外と多い機械、設備

我が家は「涼温な家」です。

屋根裏に機械室があり
そこに、熱交換換気の機械と
ダイキンのエアコンがあります。

外にはエアコンの室外機があります。

また、太陽光発電を取り入れているため
屋根に太陽光パネル
玄関にパワーコンディショナーが設置されています。

さらに、シャッターは電動シャッターが4カ所。
食洗機もあります。

これっ、何かというと我が家に固定(固着、定着)している

機械設備。
しかも、そこそこの値段がするものをあげてみました。
意外と多いものですね。

我が家はゼロエネやオール電化ではありません。
それでも、新しく家を建てようと思うと
どのお宅も電気設備はどうしても多くなってしまうのではないかと思います。

機械設備の急な故障は家計の不安材料。

電気設備が増えると心配になるのは

故障です。

安い電化製品なら、買い換えも気軽ですが、
家に固定されている電化製品は

修理や交換も大がかり。
もちろん買い換えは痛い出費です。

その時に頼りにするのはメーカー保証。
3年、5年、10年とそれぞれ設定された保証があります。
少しお金を払うと、その保証が延長されたりもします。

ただ、メーカー保証外の出来事があったらどうするのか。
それ以上の安心できる材料はありません。

我が家の救世主?!
電気的・機械的事故補償特約!

そんなことを新居の建築中に考えていると
ローン会社のアルヒさんが、
こんなのありますよと提案してくれました。

それが
我が家が入った火災保険
東京海上日動「トータルアシスト 住まいの保険」の特約

電気的・機械的事故補償特約

です。


これは、特約なので東京海上日動の
火災保険に入っている人が対象ですが、
面白いなと思い、我が家が契約したので
ご紹介します。

パンフレットを見てもらうと分かるのですが、
家に固定されている機械設備の故障に対する保険です。

対象となる機械設備が結構多く


・太陽光発電機 ・空調設備 ・エアコン 
・電動シャッター ・食洗器 ・玄関ドアの電子錠

さらには
・アンテナ ・床暖房 ・給湯器 ・分電盤
・インターフォン ・火災報知器
なんかも対象です。

補償対象の原則は建物に固着、定着しているもの。
なので、家財と呼ばれる、引っ越しの時にもってきたものや
電球、工具類は対象外です。

でも、この時不安に感じた大型機械類は対象なので
私には凄く魅力に感じました。

この保険で補償されるのは・・・。

なのに、なぜか世の中に広まっていない。。。
なぜなんだろうと調べてみると、


●メーカー保証と区別がつきにくい
●故障原因が特定しにくい

ことが原因なようです。

この保険はメーカー保証と重複しては使えません。
なので、新品の製品に着いているメーカー保証がある場合
無駄になる可能性があります。

また、この保険は自然消耗や劣化は補償対象外です。
なので、故障してもすぐに補償になるわけではなく
その原因がなんなのかを示す必要があります。

この点で、担当者や状況によって
様々な状況が考えられるため、
トラブルを心配する方も多いようです。

んで結局何を補償してくれるのというと、

◆給湯器などのバルブ操作ミスにより、
 空焚き状態になり水管が破損した。 
◆点火操作時に異常着火し、給湯器から大きな音がし、
 配線が焼きついて故障してしまった。 
◆空調機の冷温水コイルが冬期の水抜き不良のために、
 凍結して破損してしまった。

電気的事故とは、過電流によるショート、スパークなどで、焦げたり、溶けたり、電流が通らなくなったりして、壊れてしまった事故のことを言います。
機械的事故とは、機械装置そのものに亀裂がおきたり、折れたり、曲がったり、溶けたりなどした事故のことをいいます。

勘違いしやすいのですが、「落雷によって」ショートしてしまった事故は、火災保険の基本部分(火災・落雷・破裂・爆発)によって補償されます。
そのため、『電気的・機械的事故特約』で補償される事故は、落雷以外で起きた事故になります。


謎多き保険。
でも将来的には、ブームになる可能性もあるかなと。

●契約後に追加した機械装置も補償の範囲に含まれます。
●特約が適用される修理の場合には、壁や壁紙の復旧費用も保険金が支払われます。

まだまだ、謎の部分が多い保険です。
契約者がそんなこといっちゃいけないのですが
なにせかにせ、この保険の歴史自体浅く
あまり事例がないようです。

ただ、これから様々なものが、
デジタル化されIoTがドンドン発展すると
この保険も特約から昇格するくらい
家を建てるのに必須の保険になるかもしれません。

10年で2万弱、個人的には試してもいいかなと思う保険です。